アイドルという現代最高の職業

こっしーです!(@koshinao10)

僕は以前の記事でも書いたようにアイドルが好きです!



【書評】人生に悩んでいる方へ、生駒里奈の『立つ』から学ぶ人生の指標

→こちらの記事は元乃木坂46のセンターを長年勤めた「生駒里奈」さんを題材にした記事です。

アイドルを応援している人なんて、暇なおじさんぐらいだろ程度に考えていた僕でしたが、アイドルという職業の奥深さに気づき、高校生の頃からAKB48を応援していました。

過去、現在含め応援してきたアイドル

・AKB48
(指原さんが好きで当時は今以上に無茶苦茶でした。)

・NMB48
(山本彩さんの顔が好き過ぎた。最近卒業したので寂しいですね。)

・モーニング娘。
(YouTubeで過去の動画見まくってました)

・SUPER☆GiRLS
(よくカラオケで歌って騒いでました。)

・ももいろクローバーZ
(行くぜっ!怪盗少女は20代の原点)

・でんぱ組.inc
(ライブで初めて泣きました。)

・乃木坂46
(現在ハマりまくってます。)

・欅坂46
(毎シングルの楽曲が圧倒的。勉強中)

周りから「こっしーって冷めてるよね」とよく言われる僕が何故、ここまでアイドルに心を惹かれたのか、まとめていきたいと思います。

アイドルという仕事の定義

(引用:なぜITリテラシーの高い人はアイドルにハマるのか、http://inkyodanshi21.com/subculture/idol/2754/)

wiki引用

アイドルとは、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を意味する英語(idol)に由来し、文化に応じて様々に定義される語である。日本の芸能界における「アイドル」とは、成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物を指す。

wiki先生もおっしゃているようにアイドルの定義って時代によって変化していくんですよね。

僕は昭和のアイドルについてそこまで詳しくありませんが、昭和のアイドルと現代のアイドルは全く異なる存在だったと感じます。

昭和のアイドルとして真っ先に頭に浮かぶのは「松田聖子」さんです。僕の母も好きでよくコンサートに行ってました。

凄く綺麗ですし、歌もうまいし、柔らかない雰囲気で、「国民」から愛されるアイドルという雰囲気ですよね。

最近「国民的」〇〇みたいなフレーズを聞く事が減りました。松田聖子さんのような魅力的な人間が減ったという事でしょうか。
聞いたとしても個人ではなくグループが多いですよね。

インターネットの発達によって、人それぞれが感じる価値の多様化が認められ、テレビというマスメディアが発信する情報を鵜呑みにする必要がなくなったので、価値が分散化された事が大きな要因だと感じます。

昭和の時代のテレビの影響は凄く大きかったのでテレビの情報だけに触れ、均一化された人間が大量に存在しました。情報が少ないということは選択肢も少ないということです。

僕が昭和の時代のアイドルとして頭に浮かぶ人と言われたら5人程度です。

今はアイドル戦国時代と言われ、アイドルグループは大量に存在し、それぞれのグループに濃いファンが存在し、武道館や東京ドームなどでライブを成功させるアイドルは凄く多くなっているのです。

人が何に価値を感じるのかは自由になった現代において、需要のないアイドルは存在しないんじゃないかなと思います。

昭和のアイドルが「国民」をターゲットにしていたとするならば、現代のアイドルは「個人」をターゲットにしています。

個人をターゲットにするからこそ、人との繋がりが少なくなった現代において、握手会やチェキ会、各種イベント等、実際に出会う場を提供してファンと繋がる機会を設けているアイドルが人気になるのです。

現代のアイドルは外見が可愛くなくても人気になることは可能です。

経済効果30億という大きな金額が動くAKBの総選挙で指原さんが連覇をしたように、容姿が圧倒的である必要はなく親しみやすい存在であることが大事なのです。

だからこそ誰にでもできる職業で、資格や経験は必要はないのです。努力次第で武道館に立ち数万人の前で輝く事が可能な素敵な職業なのです。

アイドルが提供する価値

(引用元:アイドル取材班、https://twitter.com/asahi_idol/status/769412632461836288)

アイドルは人の心を動かす

アイドルが提供する価値は、仕事に取り組む姿勢です。

よくアイドルの歌は音痴だとか、演技は大根芝居だと言われていますが、別にそれでもいいのです。
ファンと言われる僕達は質の高い音楽、演技を見たくて応援しているわけではありません。

彼女達は歌手でも無ければ、女優でもありません。

アイドルという職業は、パフォーマンスが完全でない分いかに目ののことに真摯に取り組むかが求められている職業なのです。

余談ですが、恋愛禁止という決まりを破り、恋愛が発覚したアイドルがファンに向けて謝罪して活動を続けるケースが何度かあります。活動を続けることで確実にファンからは罵声を浴びせるのが目に見えてるし、今後ファンでもない人から一生言われ続ける事なのに、逃げずに活動を続けるというのはカッコいいなと思います。もちろん恋愛発覚したら寂しいですけどね。

特別な才能があるわけではない女の子が、自分の夢に向かってがむしゃらに進む姿勢というのは、それだけで人の心を動かし、彼女達の姿勢を目の当たりにして、勇気、癒し、希望等、色んな感情を与えてもらっているのです。

辛いことの方が多い、日常

アイドルは表面上キラキラしていて、常に笑顔でファンと接しているので、「人と関わるのが好きならいいじゃん!」というイメージで楽な仕事だと認識されていますが、実情はかなり精神的に疲労がかかる仕事です。

アイドルという職業はどこか軽視されている印象があり、否定されやすい職業だと感じます。

今まで普通の人生を歩んできた彼女達にとってネットで誰かもわからない人達に「可愛くない」「早く辞めて欲しい」と言われたり、根も葉も無い事をネット上に書かれる事が、どれだけ辛いことか。

最近はネットだけに留まらず、一時期報道でもありましたが実際に握手会に参加して「ノコギリ」でアイドルを傷つけ裂傷、骨折させる事件もありました。
報道されていないレベルだと10人ぐらいで参加して10人、連続に悪口を言われるという事もありました。

自分がその道を選んだのだからしょうがないじゃないかという意見もあると思いますが、他人を否定することでしか自分を肯定することができない人の捌け口にアイドルという職業が利用されているのは残念でしょうがないです。

結論:アイドルを応援し続けます

僕がアイドルを応援する理由は、彼女達一人一人からひたむきに生きる「人生」を感じるからです。

僕自身、悩む事がたくさんあり、自分の人生とは何なのか自問自答し将来への不安によって苦しくなるときがあります。

ただ、彼女達は今を一生懸命に生きながら、もがき苦しみながら自分の人生を生きています。

単純に女の子が好きで可愛いから癒されるという理由ではなく、僕はアイドルという職業を尊敬しています。

可愛いという感情は勿論ありますが、カッコいいという感情も同時に持ち合わせていて、僕に生きる勇気や自信を与えてくれるアイドルという職業に感謝し、これからも応援し続けたいと思います。

The following two tabs change content below.

こっしー

『自分の心が素直な環境で生きる』

都心部の不動産営業を行い、様々な価値観を持った方達と出会ったことで、自分の人生を見つめ直し、現在はライティングを主にフリーランスとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら!

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『自分の心が素直な環境で生きる』

都心部の不動産営業を行い、様々な価値観を持った方達と出会ったことで、自分の人生を見つめ直し、現在はライティングを主にフリーランスとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら!

お問い合わせはこちら!