もっと有意義な時間を!現金での支払いを辞める事で生じる5つのメリット

こんにちは!

こっしーです!(@koshinao10)

早速ですが、最近現金って使ってますか?見ましたか?

キャッシュレス化が進み、僕も電子マネーとクレジットカードでしかモノを購入しなくなったので、外出する際は財布を持って出掛けなくなりました。
電子マネーやクレジットカードでの支払い対応が可能なお店も増えているので、ますます現金を使う、見る機会は減っています。

そもそも今の時代に現金が必要なのか…

現金は必要ないし!ないほうが社会的にもメリットが多い!

という結論に至ったので、今回は現金での支払いを辞める事によって生じる5つのメリットについてお話していきたいと思います。

現金という概念を捨てる事で生じる5つのメリット

1 お釣りという概念が存在しないのでレジの回転が早い

コンビニ等で支払い待ちのレジに並んでいる際、小銭をジャラジャラ出して無駄に時間がかかっている人っていませんか?
現金を人力で数えている時間が勿体無いですし、店員さんも人間なので、たまに間違えてしまうこともあります。間違えた事によってクレームを入れる人もいます。

電子マネーを使えば、現金を数える必要はもちろんありませんし、疲れる事を知らない機械が金額という数字を淡々と計算してくれるので間違えることもありません。指定の機械にかざして終わりです。

店員さんの負担も少なく、並んでいるお客様にもストレスがかからないので、メリットだけを感じます。

※アメリカにオープンした「Amazon GO」は「レジに人がいない無人コンビニ」として大きなニュースとなりました。スマホひとつを携えて店舗に入るだけでスムーズに商品の決済を可能にしています。日本では「ローソン」が無人決済サービスに力を入れているので、これからは日本でもレジに人がいないコンビニが増えていくと考えられます。

2 ATMに並ぶ必要がそもそもない

(引用元:ATMがなくなる日 1台1,000万円の維持費、http://www.thutmosev.com/archives/74217804.html)

 

給料日のお昼ごろに駅前に行くと銀行ATMに長蛇の列ができています。
主に1ヶ月間の生活費を現金として財布に納めておくためのようです。後は送金とかですかね。

電子マネーはインターネットを通して携帯に金額をチャージすることが可能です。インターネットの環境さえ整って入れば、いつどこでも何時でも可能です。

せっかくのお昼休憩をATMに並ぶだけで済ましてしまうサラリーマンの方は思いのほか多いです。ストレス社会の現代において、大事な休憩時間を行列という無駄な時間に消費するのではなく、美味しいご飯を食べてリフレッシュしたほうが休憩後の仕事のモチベーションに繋がります。

※インターネットバンキングをご存知ですか?インターネットの環境さえ整っていれば、実際にATMで行なっている銀行取引の殆どがネット上で手続きができます。凄く便利なので、僕はインターネットバンキングを使い始めてから銀行に行った事はありません。

3 割り勘が楽

友達数人でご飯に行った際、支払いは割り勘にしようと話になるかと思います。
その際に「私1万円札しか持ってない」と言う人は必ず現れます。その結果しっかりと人数分で割り切る事ができず、誰かが余分に支払うみたいな事ってよくありますよね。

電子マネーでしたら1万円という金額をあくまで数字で管理するので0〜10000の数字を自由に出金する事が可能です。

代表一人に人数分で割った金額を「即」送金する事が可能なので、友達関係に亀裂の入りやすいお金関係で揉める事は少なくなるでしょう。

LINE Payという「LINE」が運営しているサービスは、インターネットのショッピングサイト等で買い物をした際の支払いや「LINE」で繋がっている友達に簡単に送金できるモバイル決済・送金サービスです。簡単でスグに使えるアプリなので是非使用してみてください。

 

4 経費の精算や家計簿の自動化

経費の精算や家計簿の記帳って面倒ですよね。
レシートという物理的に管理が面倒な紙を持ち歩いて何度も無くしたり、どの商品に、いくらの金額が掛かったのかを自分で記入したり面倒くさがりな僕にはとても出来る事ではありません。
※以前は経費精算が面倒すぎて実費であらゆるモノを払ってました。

電子マネーを使うことによって、今までの取引の履歴がインターネット上に残るので、自動解析ソフトを使用すれば、今まで面倒だった経費精算が楽になります。レシートがなくなって請求できないみたいなこともなくなるので、正しい金額を精算する事が可能です。

5 お金が犯罪に使われづらくなる

今までの取引の履歴がインターネット上に残るという事は、細かいお金の流れを把握出来るようになり脱税ができなくなります。

副業で稼いでいるが、少しだから大丈夫と思っている方も、自分がいくら稼いでいるのか把握した上でちゃんと、確定申告をしておかなければ脱税という形で通常より多い金額を請求されることになりますのでご注意ください。

ただ、お金が健全に回るということですから普通に暮らしている個人にとってはメリットになります。

ちなみに現金利用率が2%のスウェーデンでは政府の汚職が少なく社会の透明性の高さも評価されています。

後は単純に現金という形あるものは盗まれやすいですが、電子マネーは盗まれにくいです。また今の技術を使えば仮に電子マネーが突然なくなったとしても追跡できる技術を要しているので、盗む側のリスクが高く、お金を盗もうとする人間は減ると思います。

現金を使うことによって生じるメリットはあるのか

現金で支払うメリットって何ですかね?

結構考えましたけど、メリットはありませんでした。

硬貨や紙幣を作るための費用は年間約100億円ほどかかっています。

新しい技術によって、より便利になっていく社会において既存の常識に縛られすぎるのは良くないですし、新しい技術を積極的に取り入れる諸外国との差は広がっていくはずです。

単純に僕が面倒だと感じた現金主義の仕組みは、国が立ち上がり積極的に取り組むべき大きな課題だと思います。

The following two tabs change content below.

こっしー

『自分の心が素直な環境で生きる』

都心部の不動産営業を行い、様々な価値観を持った方達と出会ったことで、自分の人生を見つめ直し、現在はライティングを主にフリーランスとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら!

お問い合わせはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『自分の心が素直な環境で生きる』

都心部の不動産営業を行い、様々な価値観を持った方達と出会ったことで、自分の人生を見つめ直し、現在はライティングを主にフリーランスとして活動しています。

詳しいプロフィールはこちら!

お問い合わせはこちら!